男性更年期障害 症状

男性更年期障害の症状って?

 

男性更年期障害症状

男性更年期障害の症状ってどんなものでしょうか?

 

 

男性更年期障害って女性の更年期障害と比べて有名ではないので、ふとその症状が発生した時に、別の病気を疑う例が多いと聞きます。

 

 

その最たる例が「うつ」です。

 

 

最初、診察を受けた時には、うつの治療を受けるのですが、全く良化する傾向がみられない。

 

 

あれ、と思って、メンズクリニックなどに行ってみると、男性ホルモン値の急激な減少がみられ、男性更年期障害と判断されるそうです。

 

 

男性更年期障害症状

男性更年期障害の症状には、本が読みずらくなる、とか、最近元気がなくなった、とか、内向的になった、など、様々な男性的意欲の低下が見受けられます。

 

 

男性更年期障害を改善するにはどうしたらよいかというと、リラックスをする環境に身を置く、ストレスを発散する、夫婦の会話を増やすなど、心の緊張を解くような場に身を置くのに加え、

 

 

男性ホルモンを増やすために筋トレをしたり、バランスの良い食事をしたり、サプリメントを摂取するなどがあります。

 

 

もちろん、医師の診断を受けると、漢方薬と食事コントロールで、男性更年期の初期症状であれば防げることもあるそうです。

 

 

そのため、まず「うつ」かな?と思ったら、医師に男性更年期障害の可能性も含めて診断してもらえるようになったらよいですね。

 

 

男性更年期障害にはサプリメントがよいかもしれません。

 

 

 

トップページへ